北秋田と秋田ライブは、秋田を拠点に各地で活動されてる羽柴零さんのイベントに組み込んでいただいた。

北秋田のトーブカフェでは音楽教室の先生や生徒さんらがオープニングアクトで登場。

続く、羽柴零さんとは、初共演。
やさぐれ感に繊細な優しさが畳み込まれた歌世界と、エレガッドとの組み合わせの哀愁感がたまらんかった。

次は音骨。弦交換でチューニングがイマイチ定まらなかったことが、歌に影響を与えたのは間違いないが、気持ちを込めて歌いきった。

さて、トリのYosseyさんが準備をし始めるや、お客さんたちは被りつき状態。
その期待感に、堂々と応える圧巻のステージに、一曲終わるたびに、すげぇ!のため息混じりの声が方々から漏れてくる。

この日のお客さんのほとんどは耳の肥えたミュージシャン。そこで多大なリスペクトを一身に浴びたYosseyさんに、旅の道中を共にする者として、誇らしい気持ちになったのは間違いない。
が、チクチクざわめく屈辱感と敗北感を見過ごすわけにはいかない。
これまでも何度も味わってきた感情だが、決して慣れることはない。

そして翌日の秋田ルフージュ。

屈辱感パート2。

生まれ育った秋田の地で、集客も去年一度きただけのYosseyさんに負けた。

個人的な感情はさておいても、お世話になりっぱなしの主催者の羽柴さんに申し訳ない。
要は圧巻のステージを魅せるしかないということだ。

秋田拠点の方々の熱いライブが続々と続いた後の、東京から来た秋田出身アーティストのプライドをかけて、ステージ中に進化を遂げた姿を見せられたと思う。
一曲終わるたびの、すげぇ!の声を、この日はステージ上で聞くことができた。



それにしても、毎回驚かされるのは、Yosseyさんの全方位に研ぎ澄まされたアンテナから発せられるアドバイスの深さと的確さだ。
移動中の会話のひとつひとつが、この日のステージに影響を与えたのは、間違いない。

この四日間、移動中も打ち上げでも、会話が途切れることはなかった。
そのほとんどが、どうすればより高みに至ることができるかという内容に終始した。
ほんと、夢を見るのに年齢制限などない。

次の夢の続きは、東京ファイナルステージでお披露目します!!

5/31(木) 荻窪 ドクターズバー
前売¥1500+ワンドリンク¥500
当日¥1800+ワンドリンク¥500
op/19:00 st/19:30
共演:阿部浩二/Kuma./高木栄一郎
音骨出演予定はトリの21時15分~
本日、秋田でライブいたします!
会場がわからない方がおられるとのことで、地図をアップしました。
最高のライブを見せられるように、精一杯歌います!どうぞ、よろしくお願いします!
5//26(土) ダイニングバー ルフージュ 秋田県秋田市山王3-5-15山王S Sビル2階  
山王十字路から、ドンキホーテが見える東北電力の赤い鉄塔の交差点を右折してすぐのビル。
駐車場はビルの前。有料駐車場も近くにあります。
2500円(ワンドリンク付き)
18:00start
共演:Yossey/羽柴零/colorfulキョータ/横山智和/山田賢一


盛岡からはYosseyさんと初めての共演の旅となる。

珍道中エピソード、その1。

のどかで景色のいい岩手の国道沿いの道を車で走っていた時のこと。
前方の雲に光る物体あり。あれ、とまっない?まさか、ユーホー。。いや、だんだん近づいてきている。飛行機だ!羽がふらふらしとる!どんどん迫ってくる!やばいっ!落ちるっ!
花巻空港が近くにあったのでございました。以上。

珍道中エピソード、その2。

ホテルにチェックインし、今日のお店、クロスロードをおいらがグーグルマップで検索した時のこと。
宿から結構近いが、荷物も多いし、結局、車で移動することに。



美容室やないけ!!

結局そこから車で10分以上。。大荷物引きずって歩ける距離ではございませんでした。以上!

入り時間ギリギリに、場末感溢れるスナック通りに、ひときわ異物感漂うライブバークロスロードにようやく到着し、マスターに温かく迎えて頂いた。そして、共演の地元ミュージシャンのパーシーさんに超ハイテンションに迎えて頂いた。
そのテンションのまま、パーシーさんのライブスタート。マスターの渋いオブリガードに、太平洋に突き抜けるパーシーさんの絶叫、に収まらず、音骨をステージに引っ張りだし、ふたりでマイクに向かって、オーイエー!!

オーイエー!!

オーイエー!!

と、延々と絶叫を繰り返した模様は、早速フェイスブックにアップされ、一日で150回以上視聴された模様。

続く音骨ライブは、もちろん魂全開で歌いあげた。
トリのYosseyさんライブは、流石は全国各地でファンが増殖しているのも納得の、圧巻のライブ。


ライブ後は、マスターにご飯をご馳走になり、皆さんと日を跨いで語り合った。
帰りは車が角を曲がるまで、皆さん手を振って見送ってくれた。

いつの日か、この閑散としたシャッター通りにライブ待ちの列ができるだろうか。
Yosseyさんと旅をしていると、決して不可能な夢ではないと思えてくる。
また帰ってきます!盛岡クロスロード!
いよいよYosseyさんと行く、みちのくふたり旅スタート!

初日の昨日はそれぞれ別の店。

急遽決まった仙台MaveRickでの投げ銭ライブは、初日にして忘れがたい夜となった。



まずは、天候、日時、様々な偶然が重なっての、お店史上に残る閑古鳥デイという前振り。

直前いきなり投げ銭ライブやらせてもらうだけで恐縮なのに、むしろマスターの方がひどく申し訳なさそうにしているのが、申し訳なく。。こうべを垂れつつも、マスターのお人柄と心地よい店の雰囲気にまったりと奇跡を待つこと6時間。

日を跨ぎ、ついにマジックアワーは訪れた。
御来客が、おっ!
お疲れ様です!Yosseyさん!

すでに近隣のお店レモンカントリーで長時間熱唱し、大盛況の末の二次会にやってきたYosseyさんと御一行の方々が続々と来店され、ついに投げ銭ライブ決行!マイクなしの生歌を魂を込めて熱唱した。

まだまだマジックアワーは終わらない。
実は御一行の方々皆、卓越したミュージシャン。
ギターインストの名手タッチーさんと、超レアなドブロギターの名手のれんくんとの共演。さらにYosseyさんのレアソングとの共演。最後はマスターからのリクエストで音骨ソングで締めさせてもらった。

なかなか仙台ライブ決まらず、路上ライブか飲み屋を回ろうと思っていたところが、こんなマジカルな夜になるなんて思いもしなかった!というのが、自分の偽らざる感想だが、待ち続けた時間をリベンジと捉えるならば、次こそはの精神で、また、成長して帰ってきます!
明後日からのツアー用に新たに描き下ろしたポストカード画の中から、約半分の30点を公開します。
全て世界で一枚だけの、ライブ会場限定販売のワンコイン生絵です。

取り置きも可能ですので、来られるライブ日を添えて、ご連絡くださいませ。

よろしくお願いします。



筆画

b1_20180521140642ffc.jpg
b1


b2_2018052114064446e.jpg
b2


b3_20180521140644b42.jpg
b3


b4_20180521140646854.jpg
b4


b5_2018052114064858a.jpg
b5


b6_20180521140717886.jpg
b6


b7_20180521140719f12.jpg
b7


b8_20180521140720367.jpg
b8


b9_20180521140721666.jpg
b9


b10_201805211407234d3.jpg
b10


b11_201805211407499d8.jpg
b11




アクリル絵の具画

c1_201805211408490ec.jpg
c1


c2_20180521140851578.jpg
c2


c3_20180521140852f44.jpg
c3


c4_20180521140854533.jpg
c4


c5.jpg
c5



f1_20180521140930767.jpg

f1


f2_201805211409322eb.jpg
f2


f3_20180521140933b50.jpg
f3


f4_20180521140934ca2.jpg
f4


f5.jpg
f5


f6.jpg
f6


f7.jpg
f7


f8.jpg
f8


f9.jpg
f9


f10.jpg
f10


f11.jpg
f11


f12.jpg
f12


f13.jpg
f13


f14.jpg
f14


昨日は道の駅しもつけで開催したYossey'sGardenShowでライブしました。
五回目の今回は、病欠の方のピンチヒッターとして急遽参加が決まった。
これまでも風雨等の天候状況や、それに伴う機材トラブルに悩まされたイベントだったが、最高の音響で演奏し、聴くことができたのは、一流のプロエンジニアの前田さんが音響を担当してくれたのがでかかった。圧倒的に素晴らしい音。
Yosseyさんも前田さんも大量の重い機材をそれぞれに運んでくれたからこそ成
立する手作りイベントだと、改めて感謝。
自分もライブハウスの薄暗がりの 密室空間同様のガチ勝負で挑み、気持ちよく爆発できた。

出演陣もみんな最高の環境に相応しい、最高のパフォーマンスで演奏した。
雨と寒さのなか、最後まで聴いてくださったお客さんたちから、みんな違ってみんなそれぞれによかったとの感想を頂けたことが、イベント大成功の証だろう。
毎度のことながら、楽しかった一日の、酔いつぶれながらの三時間の家路は、あまり記憶になし。。
2018.05.05 ライブ告知
今月は東北でもライブします!
よろしくお願いします!

5/13(日) 下野 道の駅しもつけ野外ステージ 
Yossey's Garden Show
12:30start
共演:Yossey/muse/ナックルヘッド/なべ虹魚/TheEurasia/memeko/ジャンボリー鶴田

5/24(木) 盛岡 Livebar クロスロード
2000円(ワンドリンク付き)
20:00start
共演:Yossey/バーシー

5/25(金) 北秋田 トーブカフェ
2000円(ワンドリンク付き)
18:00start
共演:Yossey/羽柴零/音楽を楽しもう講座

5/26(土) 秋田 山王 ルフージュ
2500円(ワンドリンク付き)
18:00start
共演:Yossey/羽柴零/colorfulキョータ/横山智和/山田賢一

5/31(木) 荻窪 ドクターズバー
前売¥1500+ワンドリンク¥500
当日¥1800+ワンドリンク¥500
op/19:00 st/19:30
共演:阿部浩二/Kuma./高木栄一郎
音骨出演時間はトリの21:15~
2018.04.28 ライブ動画
先日のドクターズバーライブを見にきていた方が、ライブ動画をアップしてくれました。
ツアーを経て磨かれた二曲をぜひ聴いてみてください!










昨夜はホームの荻窪ドクターズバーでのファイナル。いつもながらの安心のグッドサウンドと、美味い飯!そして、自分内ハードルの高さと緊張感もピカイチ。
アコギのメンテナンスを当日ギリギリまでしていて、紙やすりでとある箇所を削っていたら、誤って程よく伸びていた爪まで削ってもうたのが、ちと悔やまれるが、ツアーマックスのテンションでアンコールに応え、賞賛のお声とアルバムをご購入して頂いた。
この日はトリだったが、共演の方々もそれぞれに魅せてくれた。
一番手の宮崎聖士さんは三度目の共演。(在りし日の音骨と理由は異なるが)顎関節症で指一本しか口が開かないにもかかわらず、いつも通りのゴキゲンなロックンロールをバシっと決めた。
二番手、初共演のSHOTGUN BLADEさんは、激情なメッセージとアンダーグラウンドロックのミニマルなクール感が同居していて、親近感を感じる世界観だった。
三番手は言わずと知れた、毎度進化し続けるなべ虹魚ワールド。日常と地続きの自然体な歌世界と叙情的な倍音ボイスに魅了された。
終演後は、ボネに一杯の酒の借りがあると駆けつけてくれた以前共演した遊鬼ウタゲさんと、虹魚氏と詩人の方を交えて、秋頃西日本某所でライブな宴を企画。ヒュ~楽しそう。実現したいぜ。
今回、久々のツアーを通して、歌い続け旅をし続ける大変さと楽しさを、改めて実感できた。
一人一人の出会いを大切にし、魂を込めて歌い、聴いて頂き、その日歌って生かされるだけの糧を頂くこと。
ようやくその一歩を踏み出すことができたのは、ひとえに自分を受け入れる用意をしてくださった各地のお店の方々と、そこで出会いお世話になった皆さんのおかげでした。
ありがとうございました!!
またさらなる進化をして、帰ってきます!!
北九州から大阪のフェリーにてライブ。前回と会社が違うが、要領は大体同じ。違うのは、前回がマイクありの30分で音量に気をつけなければいけなかったのに対し、今回は1時間生歌歌い放題。
要は得意芸だったから、気にすることなく汗まみれのワンマンライブを熱唱した。
最初にいたお客さんのほとんどが最後まで聴いてくれ、ビールの差し入れや、アルバムやグッズなどを購入して頂いた。
そういえば、このツアー中のとある出来事にインスピレーションを受けて、旅の空き時間に新曲を制作していた。まだ頭の中でしか歌ってはないが、新たな名曲となりそうなので、乞うご期待を!
西日本ツアー、残すはファイナルの荻窪ドクターズバーです。どうぞよろしくお願いします!
4/26(木) 荻窪 ドクターズバー
open/19:00 start/19:30
前売り¥1500(1drink別) 当日¥1800(1drink別)
共演:なべ虹魚/SHOTGUN BLADE/宮崎聖士
音骨出演時間:トリの21:15~
予約:メールかメッセンジャーまで
梅田の駅前でダンボール工作していたら、ホームレスのおっちゃんが酒を二本くれ、めっちゃカッコいいなお前と褒められた。