2011.11.29 また転ぶ
家の階段で滑って転んでしまった。不幸なことに、作り立ての昼食うどんは階段にぶちまけられ、壁には小さい穴が開いた。食器は無事だった。

不幸中の幸いてほどじゃないが、軽く打撲したのは演奏にほぼ無関係な右手小指と、目ん玉じゃなくて目のふちが腫れただけですんだ。

不幸中の幸いてほどじゃないが、メガネのフレームがポロッと取れたが、それは以前折れたのにも関わらず瞬間接着剤で着けて済ましていた部分だった。今度こそは、面倒くさがらずにメガネ屋さんに修繕してもらいに行った。全治2週間とのことだった。メガネは。

しょうがないから、家中を雑巾がけした。
ぎっくり復活!といいたいところだが、完治せぬままに、稽古邁進の日々を続けていたが、昨夜は裕君というドラマーとスタジオに入った。
彼を前に紹介してくれたのは島の漁師の征ちゃんだったが、裕君は母島の知り合いの方の息子であり、役者や音楽をやっていて、その後音骨ライブを目撃して是非スタジオに入ろうと話してたのだった。

その紹介した征ちゃんは、つい先日、ようやく自分の船を手に入れて、男のロマンを果たすべく内地から母島へ自分で操縦して太平洋を渡り、見事母島にたどりついたらしい。立った独り、太平洋を渡ってゆく心持ちがどのようなものなのかは、想像もつかないが、そのうち一曲つくって差し上げねばなるまい。タイトルは「男一匹、太平洋を渡る」?古い?

ニューウェポンのピックアップTHE BONEも、独りスタジオでは「ウ~ム、別にいらんかも。。」とか思ってたが、ドラム相手のスタジオでは大活躍!可能性をぐっと広げてくれた。

そしてヒロ君のドラムスタイルは、今の音骨スタイルにずっぱまりで、やべえ、気持ちいいぞということで、そのうちユニットライブが実現するかもしれません。

そして、今度ライブをする予定のカールモールというお店に、下見がてら行ってきた。
小さい会場だが、至近距離で音骨ライブを浴びるには、これまたずっぱまりと思われる。
ライブ当日は占い師さんの鑑定などもあるそうで、悩み持ちの方も、音骨ライブ浴びてスッキリしたのちに占ってもらうのも一興です。


2011年11月12日(土)新宿カールモール http://karlmohl.net/

17時半オープン
18時スタート

チケット料金:2000円(1ドリンク付き)

音骨出演時間は、6組中4番目の20時~20時30分の予定です。

ぎっくり腰になっても、まだ進化し続けている音骨最強ライブへのご来場をお待ちしております。
2011.07.30 ぎっくり復活
一回でぎっくり腰が治る整体があるとの情報を得て、早速行ってきたが、わずか20分ぐらいの施術で、ほとんど屈んでしか歩けなかったのが、普通に歩いて帰れた。

どうやら原因はやはり顎骨折事故だったらしく、時限爆弾のように進行していた骨盤のゆがみが、何かの拍子にぎっくりいったんではないかとの診断だった。

医師曰く、「折れた骨はそのうちくっつくけど、ずれた関節はほっといても戻んないからね~」

で、骨盤と背骨を真っすぐにしてもらった。何も痛くなかった。

医師曰く、「風呂と酒と女と床に座るのを三日ぐらい控えてね~でもプラプら歩く分には平気よ~」あいあいさー

医師曰く、「でも、滑ったりこけたりしたら、どーなるか知~らねっ。」そらそーだ。

ということで、部屋の中でギターぶらさげて、プラプラしながら歌っているが、ぎっくり腰の弊害はほぼない感じ。

姿勢も新たに活動開始っ!


左手に軽い荷物を抱え、右手でハンドルを掴み、さっそうとチャリから降りたら、ぎっくり腰になっていた。

いつの間にかぎっくり腰って。。まだ顎も治ってないのに。。しかも、じわじわ悪化していくタイプだな、こりゃ。

歌うとじ~~んと痛みが広がってゆく。そのうちに、立ってるのも座ってるのもきつくなってきた。

しょうがないから、寝転んで歌詞を書いてたら、反戦反核ソングに続いて、反ぎっくりソングならぬ反原発ソングが舞い降りて来た。
全く反原発ソングっぽくない、郷愁を誘うふるさとを想う歌みたいな感じ。こりゃ、いい歌だ。

いつまでも寝転んでる場合じゃないので、とっとと明日病院へ行って治してこよう。
2011.06.22 今は昔
今をさかのぼること、一ヶ月半前。

2011年GWライブ第一弾。

jikomaelive
よもや、この数時間後、こうなる↓とは思ってもおらなんだ。

kega2

流動食時代を経て、

drink2

顎骨折ライブを経て、、


agoorelive

さあて、虫取りにでも出かけるべぇかな。




脱皮ならぬ、脱毛ならぬ、坊さんライブは明日!!
蒸し暑い部屋の窓を閉め切って、汗だらだらで朝から晩まで弾き語り修行者三昧の日々。

すでに骨が固まってしまったのか、顎リハビリは、指二本ぶんでストップ。
肉食動物だったら淘汰確実の、噛み切れない生き物になるのだろうか。ま、ナイフで切ればいいし。

そして、中断中のニューアルバム収録予定の曲らも、
体力とモチベーションが増してくるにつれ、インスピレーションもどこからかやってきて、
ここにきてまだ進化を遂げようとしているようだ。

今回はレコーディング中も、作曲作詞作業が終わってなかったので、
弾き込みが足りなかったのだと、歌い込みが足りなかったのだと、
イメージを俯瞰し、研究し、広げる為の熟成期間が必要だったのだと、

思うことにしよう。

そして、藤森かつおさんとの、
完全復活!というより新次元に突入ライブIN高円寺!!

新たな扉を開きます!!

(特にチケット前売りとか予約とかは、ありません↓)

6月23日(木)高円寺MOON STOMP
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/sche/ms-sche-1106.html

ライブチャージ\1,000 別Dr(\500)

Open19:30 Start20:00

音骨 20:00~20:45
2011.06.13 連発宴会
母島で知り合った友人たちがオトボネ治癒宴会を開いてくれるとのことで、仕掛人ゴンズイ氏宅には10人ほど集ってくれた。



高級食材と美酒に舌鼓を打ち、楽しげな会話に酔いしれ、翌日は完全グロッキー。。

夕方頃にはようやく長旅から着地しそうだったが、今度は高円寺のタイ料理店にて友人のお別れ会へ。
麦焼酎を頼んだはずだったが、どう味わってもこれは大五郎的何か。。久々に会った面々との場は盛り上がったが、酒は控え、ことなきを得た。

顎の方は、自宅リハビリを続けているが、ようやく指二本入るまでは回復した。あと一本!
2011.05.31 高円寺MOON STOMP
予定通り、本日ネジの摘出手術を行った。

骨が完全にくっつく完治までには、骨折してから三ヶ月くらいかかるらしく、その間は固いものを噛むなどの無理は厳禁とのこと。
また、少しずつ顎を開かせるリハビリを続けなければ、顎が開かない状態のまま、固まってしまうらしい。

今は指一本分くらいしか開かない口に、指三本入るようになった時点でリハビリは終了となる。

ここで現在決まっているライブの予定を告知します。

6月23日(木)高円寺MOON STOMP
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/sche/ms-sche-1106.html

ライブチャージ\1,000
Open19:30 Start20:00

音骨(Vo,G)45分
藤森かつお(Vo,G)45分

去年、新宿スモーキンブギでのライブで一緒だった札幌シーンのキーマン的存在の藤森かつおさんから「一緒にやろうよ」とお誘いを受けて、初のハコですが、高円寺のMOON STOMPでやることにしました。
南の果てと北の果てからやってきた、二人の弾き語りソウルが炸裂する激しい夜になることは必至です!!
今回もバッチシ45分魅せます!歌います!回復してます!前よりは。

こちらもヨロシクです!!
2011.05.30 悶絶治療開始
派手な顎骨折の陰で、全身各所の打撲が悪化していたようで、特に左手はギター弾くのも辛くなってきたので、近所の接骨院に行ったら、膝から肘から手首から、あっちゃこっちゃ打撲してるようで、しばらく通院することにした。

ここの院長先生は現役の格闘家らしく、
治りが早いけど現役格闘家も悶絶するという激痛治療に、
そこかしこで「いたーーい!!」だの「うげええ!!」だの絶叫が響き渡っていたが、
例に漏れず「うげええ!!」と叫ぶことになった。

特に、膝の痛点を怪力でグリグリ押しまくられた時には、背中が海老ぞりになり続けた。

↑いつも全身ピンク

顎のほうは、ようやく矯正ゴムを外してもらい、問題がなければフランケンのごとく歯茎にぶっ刺さっているネジの摘出手術を明日行う予定。

しかし柔らかい固形物を食べれるようになったとはいえ、未だ噛み切ることは出来ない草食動物以下の状態がずっと続いている。

まだまだリハビリには時間がかかりそうだ。
ライブ後はやはり顎の腫れが酷くなり、
担当医師に「あれ~、また腫れてますね~」と言われたが、
「ああ、そうですか。」と事情は説明しなかった。

余談だが、この担当医師は診察時に自ら「おお~いてててて。」と言いながら、しかめ面になるスタイル。


ちなみに転院する前の病院の医師は
「あはははは~ごめんね~」と言いながら、
骨折したてほやほやの部分を思いっきり力を込めてグリグリ押すような正反対タイプだった。
むろん、激痛だったが、あれは一体何の意味があったのか。。

最近はもう痛み止めを飲むのをやめている。
うずうずした痛みは伴うが、日々朦朧としていた頭は幾分スッキリし、
満月のごとくパンパンに腫れていた顔のむくみもとれた。
慢性的な眠気からも解放されたようだ。

そして昨日、いい加減そろそろ骨くっついてんじゃない?との直感だか願望だかを感じ、
おそるおそる食い物に噛み付いてみた。

残念ながら口は余り開かないが、
おお、いける!食える。噛める。柔らかいものなら。時間かければ。人間ていいな!

ということで、本日から流動食から離乳食へと移行。
動かなくなった顎関節をゆっくり動かし始めるリハビリを開始し、
晴れて乳離れとなった。

事故当日、緊急ヘリの中で,
自衛隊の方が「一番酷いのは今。後は治るだけだよ~。治ったら歌聴かせてよ~」
と励ましてくれたものだったが、確かに体は着実に回復していってるようだ。

あとは芸術モードに向けて意識をシフトチェンジさせるのみ!
2011.05.14 脱顎歌唱法
どうやら、左手はほとんど支障なく動くようになった。

顎を庇うように歌ってみたり、無理に口を開いて歌ってみたりしても、結局のところ、それは顎に縛られた、顎中心の表現となってしまう。

顎が中心となっているのであれば、その中心を抜けば、全身に行き渡るということに気付いたときに、脱顎歌唱法は生まれた。

不自由になったからこそ、これまであたりまえのようにしてきたことを疑ったり、それによって気付いたことはでかかった。

まあ、どうなるかは解らないが、こんな口をまともに開けないライブが、普段のライブより見応え聴き応えのないはずがないだろう。

音骨表現の核のみをむき出しにした必見の脱顎ライブを、遠くにいる方々も是非USTREAMでチェックして下さい!!

http://www.ustream.tv/channel/club-edge-roppongi-live

そして、この顎骨折ライブに応援に駆けつけてくれる方々、前人未踏の掟破りライブの行方をしかと見届けて下され!!

よろしゅう~~~

ああ、顎痛い。。
六本木CLUB EDGEのライブ詳細が決まりました。

5月16日(月)

六本木CLUB EDGE http://www.club-edge.net/schedule/index.html

open:19:15 start:19:45

CHARGE 前売り¥1800 / 当日¥2000 +1D

--------- 前売り希望の方は {otobone_ticket@yahoo.co.jp}まで、ご連絡下さい ------------

act:

see the sea 19:45~20:30

音骨 20:30~21:15

Ustreamでの生中継は、START10分前より開始します
時間が来たら、こちらからライブが生中継で配信されると思われる↓
http://www.ustream.tv/channel/club-edge-roppongi-live

それにしても、よりによって、歌えるかどうかすらわからないライブが、生中継されるとはね。おまけに、打撲した左手は、まだ自由に動かない。だが、多分あと2、3日で動きそうな気がする。多分。


母島の診療所から、ヘリポ-トへ救急車で搬送される前に、「どうしても持っていかなきゃならない荷物はあるか?」と聞かれた。

「ギター」と、口がきけなかったので、エアーギターで右手をストロークしたのだが、しばし相談したあげく、却下された。荷物としてはデカ過ぎ、だからだろう。

島に残してきてしまったアコギは、島友のおかげで、ギリギリライブ前日に竹芝に届く予定。

が、未だ顎は動かず。

一昨日の手術で、歯茎にネジをぶち込んで、口が開かないようにゴムで上下を固定された状態で、より口は開かなくなってしまった。

ここまで顎が動かないと、当初の頃の、「何か噛みた~い」とか、商店街の食い物の匂いに涎だらだらみたいなこともなくなり、むしろ匂いをかぐだけで、何か得した気分になるような、そんな心持ちへと変化していった。液体でいいさ。

あのヘリで搬送された日は、前日同様、島は霧にスッポリと包まれていました。

母島のヘリポートはかなり着陸するのが困難なヘリポートらしく、30分着陸できなければ、ヘリは硫黄島に戻ってしまうという状況の中、無事に乗れたのはラッキー&感謝です。

もちろん、休日だというのに、早朝からめっちゃ迷惑をかけてしまった方々にも感謝です。

石に頭や耳をかなり打ち付けたのにもかかわらず、意識はクリアで、右の鼓膜破れただけですんだのは、ラッキーでした。

顎の裏側はサックリ割れたものの、前の方はひび割れですんだおかげで、全身麻酔によるボルト打ち込みを免れたのも、ラッキーでした。


明日、歯茎に何本かビスを打ち込んで、チタンワイヤーで上と下の歯をがっちり固定する予定でしたが、噛み合わせのずれが少なかった為、ワイヤーの代わりに強力なゴムに変更し、自宅で静養しながらの通院となったのも、ラッキーでした。

いくつかのラッキーが重なったおかげで、最低一ヶ月といわれた入院生活を免れることができました。

勿論、これから先一ヶ月間、顎は使用禁止、液体のみの生活が余儀なくされてるとはいえ。

まさか病院抜け出してライブしにいくわけにもいかないので。

5月16日(月)の六本木CLUB EDGEのライブは、当初の予定通り決行します!!

http://www.club-edge.net/schedule/index.html

いかに顎を使わずに、魂を振り絞るかという挑戦でもあります。

詳細は、追って。

ーーーーーー事故当日の早朝に、宿の廊下で痙攣しながら「痛い痛い」と叫んでいた(記憶すらない)私を、救急車に担ぎ込んでくれたり連絡してくださった宿の方々、およびGW休暇でいらっしゃったお客さま、診療所やヘリポートまで駆けつけてくれた島民や友人のみなさん、ご迷惑をお掛けしました。そして、ありがとうございました。
おかげさまで、今のところ感染症などの恐れもなく、快方へと向かっております。ーーーーーー

今日は一時退院で、明日からまた別の病院に転院となる。

全身打撲はようやく回復してきて、顔面の腫れも1.4倍くらいになり、もう普通に歩ける状態だが、折れた顎はどうにもならぬ。少なくともあと一ヶ月ぐらいは、口を開けることすらできず、ひたすら液体を体内に流し込む食生活が続く模様。

顎がつかえないだけで、まるで人造人間みたいな気分になるほど、齧る、食べる、ってのは人間的な営みだったわけだな。

死体がいい匂いで焼けてる商店街なんて、誘惑の地獄ロード。焼き鳥とはいわぬ、米粒でも粟粒でもポテチでもいいから、 齧りたい、噛み噛みしたい、ってな欲望に煩悩退散煩悩退散と念仏唱えながら只管まっすぐに♪歩~め歩め~何も求めず~。ああ、人間ていいな。。そんな感じ。

明日からは、上の歯と下の歯をワイヤーでがっちり縛って、いよいよもって喋れない一ヶ月が始まるようだ。ゲロが気管に詰まって窒息死した人もいっぱいいるみたいなので、注意せんとな~

その後のリハビリを含めたら、元通り歌ったり跳ねたりできるようになるには、二ヶ月ぐらいかかるとの見通しらしいが、異常に骨の回復力が優れてたとかなんとかで、とっとと復活してくれぬものか。

世の流れとは無縁の白い病室から帰って来たら、小笠原が世界遺産になっていた。

そういえば今年、マイマイ駆除のバイトも何回かやったけど、あれも世界遺産に向けての活動のひとつだったのね。

世界遺産なんつったら、観光客増えそうだし、色々制約やらなんやら増えそうだし、何でもありで何もない島は、何でもダメで中途半端にある島へと変わってゆく感じもするけどどうなのか。まあ、たった一日ぐらいで簡単に来れちゃう母島は、たった4時間ぐらいで簡単に来れちゃう島になるのは時間の問題ってとこか。




2011.05.04 骨が折れた
先日のGWライブの後、深夜未明、記憶にないし、見た者もいないが、アゴの骨が折れてむき出しになり、のたうち回ってる所を発見され、ヘリコプターで早速運ばれ、今は内地のER病院で治療中です。

多分、酔っ払って、石の階段を転落したと思われる

かなりザックリ深くいっちゃったようで、いつになったらライブできるほどに回復できるか予測つかないので、とりあえず先の予定はキャンセルして養生します。
顔の下半分だけ二番くらいに膨らんどる。。