2008.06.25 返還祭二日目
0012
ほ~~うら~~いねっ ほーらいねっ。

返還祭二日目、昼からアクティブにカヤックでGO TO 蓬?根&ワイビーチ。

三隻五人で行きまスた。

その帰り、イルカの大群と会いまスた。

のに、音骨カヤックだけが遠く離れていた為、間近では見れませんでした。

残念。

夜は返還祭本祭。

音骨はダンボールにアルバム貼付けて「宇宙人ハ芸術家 絶賛発売中」と書いて、それを背中に背負ってウロウロしておりまスた。
けど、だ~れも声かけちゃくれませんでした。
と、思ったらお客さんが一枚買ってくれまスた。
そんでそのお客さんが「八丈から来たお客さん達が『昨日は音骨が全部持っていったよねっ』とか言ってたから、アルバム買ってくれるんじゃない。」って言うので、早速そちらに行ってみまスた。

が、「もうハワイアンのアルバム買っちゃったし」とか言われて沈没。ちっ。

そういや、本祭のイベントの合間に三回も「昨日素晴らしいライブを披露してくれたハワイアンの人のCD売ってます。」的宣伝してたもんな。

昨日素晴らしすぎるライブを疲労してくれた、母島が誇る母島在住芸術家音骨の宣伝は何故にしなかったのでSHOW??

わかった!!あれか、誇ってないんだ!?むしろ母島の恥ぐらいの感じだからか!?

にゃるほどねっ!!

そーいや、風の噂によると、音骨ライブの島民感想は、大きく二つに分かれてると聴きまス太。

ひとつは「ピアノよかったよ」的感想。もうひとつは「太鼓よかったよ。」的感想。

一部少数派が「音骨、去年よりはマシだった。」

マシ。だって。

余りのドシロウト的意見に、お~~笑い草ああ~~!!!

Death。
henkansai
返還祭前日、二回音骨ライブをやるのは駄目と言われて、一回になりまスた。

それどころか、返還祭のステージに音骨出すな的声も多数だったらしいので、やれただけでよかったっちゅう感じだったらしいス。最近まで全く知らなかったけど。情報過疎人なもので。

と、言う事で、前夜祭の七番目、音骨弾き叫びライブのみ。

と、言う事で、三曲をプリンセス&ダイチャンと演奏。ラスト一曲を一人で歌いまスた。

一曲目「南崎へ行こう」
アルバムバージョンよりさらにゆったりと、かつ爽やかに朗々と歌い上げまスた。
終了後は拍手喝采。
なんていい曲なんだろう。
そうみんな思ったはずDeath。

二曲目「御見送りの歌」
ノリノリロッキンソング!!イエ~~~イ!!
「ピア~~ノォ、プリンセェ~~ス!!太鼓ぉ~~抱いちゃああ~~ン!!ぢゃなかったダイチャーーン!!」

歌詞一部飛んぢゃったス。ピアノコード間違ったらしっス。お互い気付かズ。
この母島望郷ソングに涙腺を刺激されない人間がいるのでSHOWか?

三曲目「アンナビーチブルーズ」

アルバムバージョンの二倍くらいのスピードで、よりサイケフリージャズ的になったこのナンバーを聴いて「か、かっちょえ~~!!」って思わない人がいるのでSHOWか?いるのDeath。

だって二人が後片付けして、音骨がチューニング中に「もういいよ~。」「もういいってよぉ~。」的野次が飛んでまスたからね。

ま、そんな便所でよく見る羽虫程度の野次ごときに、ピクリとも感じまへんDeathたけどね。
せいぜい、モスキートレベルの野次飛ばしてみろやっちゅう事Deathたい!!
ま、去年最低最悪の野次マシーンと化していたおいらが言うのもなんDeathが。

ま、そんなクソ野次にはものともせずに、高らかに歌い上げまスたニュー母島アンセム、
四曲目「そこに乳房山」

日陰のベンチで仰ぎ見る そこに乳房山 遥かな面影称えてる それが乳房山

ワダンの木の風車 乳房の頂から 新しき夜明けは紡ぎ出る そこに乳房山

帰らぬ人らが帰るのは たぶん乳房山 命の深さを知っている それが乳房山

あわれや人の運命は 何の罪などあろう ただそのままであることを許す そこに乳房山
ワダンの木の風車 太古の夢の森で 新しき夜明けを待ち望む そこに乳房山

永き永き永遠の道のり 手繰り辿れば 回る二つの乳房がある

遠ざかる島は眠る母 そこに乳房山

う~~~ん。なんて上から目線!!なんて達観的!!なんかよくわからん??
ま、こんな偉そう風な歌を歌える奴は音骨ぐらいしかいないっしょ。

ライブ終了後は「最高だった!!」的声が、多く寄せられまスたね。
去年は「あれはノイズだ。」「聴くに耐えない。」「苦痛だ。」的おばさん的意見が多数だったらしい(最近知ったけど)から、みなさん「いや、やっぱ音骨歌いいわ~~。」って思い直したかね。
ま、そんなはずはナッシィングでSHOWねっ!!
「そういや、最近あの黒い奴どうした?」

「ああ、あの音骨代理人とかって言ってた奴か、最近音沙汰ねぇなぁ~。」

「ま、あいつ、車のU ターン得意だったし、どっか行っちゃったんぢゃねぇの?」

「返還祭来るって言ってたけど、予約してないらしいしね。」

「ま、今更間に合わないでしょ。」

と、思ってたら、返還祭便出港三日前、突然黒いのからTellあり。

「ブラックですけど、返還祭予約とれな~い?」

「無理でしょ。たぶん。今まで何やってたの?」

「今日まで死んでた。」

そうか。またか。流石、生まれつき死にかけてる男。

どうやら永い眠りから覚めた御様子。

通常は無理な所を、なんとか音骨ヘルパールームに押し込んでもらえる事に。

ブラック、リターン。

そのうちまた、U ターンして死ぬかもしれんが、とりあえず返還祭参入決定。

返還祭、プリンセス「ピアノ凶相曲」に向けてのセッションスタート。

こ、こりゃ毎日スタジオ入りしねぇと無理ズラ。
って事で、毎日リハにハゲむ予定。

島系雑誌の編集者が母島を取材しに来ており、夕食中に音骨に「母島の一番のお薦めは何ですか?」と聞かれたので「音骨Death。」と、普通に答えまス太。

その場に居たお客さんたちが「おとぼね??」となってたのに、流石に取材の方は下調べが万全で「ミュージシャンの?」とかって、既にミクシーでチェック済の様。

しかし流石に目の前にいるコイツが、本物の音骨だと周りに言われても「本当に??」を連呼してまスたね。

と、いう事で、その時宿泊してたお客さんのお誕生日会も兼ねて、昨夜ライブりまスた。

今回は新曲は二曲。

一曲は、なにやら沖縄民謡的なスケールで唄われる島唄「そこに乳房山」。

もう一曲は、直接母島とは無関係な、なにやら人間の無常と狂った哲学が語られる「バカなのDeath」Death。

ライブ後はインタビュー。インタビューする事はあっても、されるのは初。

あんまし何言ったか覚えておりまへんが「夢はなんですか?」と聞かれて「ありません。」と言った気がしまっス。

まぁ、夢がないというか、全部夢?

まぁ、果たして音骨が3ページの母島特集に載るかどうかはワカリマセンが、もし載ったら「何も無い島でのんびり」みたいな母島像が「何も無いけど何でもあり」的様相を帯びる事でSHOW。

何でもありで 何も無い母なる島さ。  By 御見送りの歌

ほんとかよ?

アルバム一枚売れたぜ~い!!イエ~~イ!!
トレーラーハウスライフスタートDeath!!

連日のゴシゴシ&補修を経て、なかなか快適Death!!

先日、宿のお嬢様の誕生日会でまたライブりまスた。

誕生日という事で、いつもとは違った趣向で、第一部「音骨新曲お披露目会」第二部「ピアノプリンセスとの返還祭に向けての公開練習」の二部構成で行ないまスた。

新曲は、なにやら遭難しかけたお兄さんが無事ひとりで帰ってきたとの内容の「ひょっこり兄さん」
連日の雨でがっかりしたお客さん達に、また遊びにおいでよっ!!と明るく歌い上げる「レインボーレインボー」
あんまり飲み過ぎておまわりさん呼ばれちゃまずいよ、と自らを戒める、フラダンスならぬ「フラフラダンス」
小笠原固有種ぢゃないアフリカマイマイに自らを重ね合わせた「マイマイミー」

初の適当即興スライド使用ソング「台風がやってくるぞ」のゴミ歌五曲。

二度と演奏しない曲も、あ、る、か、も、ドス!!!

後半はプリピアノと絡んで「母島が好き」「南崎へ行こう」「アンナビーチブルーズ」「アンナブルーズ」「プリンセスピアノによるハッピーバースデイツーユ~」
アンコールで「御見送りの歌」

なにやら、終了後は「あの音骨に合わせられるなんて凄い」「しかもほぼ即興で」「いいセッションだった」的感想でプリンセス株があがってまスたね。

いやいやいや嫌ぁ~~あんなアンナブルースあり得ないっしょ。

と、い、う、事、で、翌夜、反省飲み会実施。

「いやぁ~、最悪だったね、あのセッション。練習しなきゃ駄目だね。90%ぐらい不協和音だったね。曲完全に覚えようね。あれが返還祭ステージだったら、ちょっち舐められちゃうねっ!」

そうなんDeath。実は返還祭では、音骨単独ライブの他に、プリンセスとモンゴル帰りの日本画家と音骨の三人でライブる予定なのDeath。

代表者はプリンセス。
表題は「ピアノ協奏曲」
伴奏は太鼓と歌とギター。

と、いう事は、と、いう事Death!!!


2008.06.03 以上。
ちょ、ちょ、ちょ、長文ブログ一瞬で消える!!!!!

面倒臭いから簡潔にいきます。

プリンセスに彼女ができまス太。

ハイッ。

だから部屋がきれいだし、コーヒーも淹れてあるので、それを勝手に啜りながら午前中の休日を過ごしてました。

ハイッ。

明後日カメ上陸ぢゃなかったヨメ上陸。トレーラーハウスに住む。

ハイッ。

さっき交番に届けられた眼鏡帽子ポチぢゃなかったポーチ回収に行った。

ハイッ。

毎日暑い。火傷が熱い。コーヒーがぬるい、けど美味いから全部飲んじった!!でへっ。すまん。

以上。