2008.08.27 説教おやじ
先日のライブもよかったね。

あれはいつだったか?なにやら「島に住む人の切なさが伝わってきて、泣いちゃいそうになった」方もおられたようで。

流石音骨。僅か9ヶ月の母島生活で、既にそんな切なさを持ち合わせてるとは。

ちゅーか、どこにいてもその土地の生者死者の業を一身に受けるおいらの性っちゅうやつやね。

ま、ライブ中、冷め面で「毛っ」的客もいたがね。関係ナス。売り上げゼロ。

夜に酒飲んで誰かに説教っちゅうのは、多くの人が知る音骨の趣味ね。

人に説教出来る、人間としての品格なぞ糞程もないおいらが説教っちゅうのもふざけた話やけど、趣味Deathから。好みの問題Deathから。

ちなみに、自分が説教くらうのは死ぬほど嫌ね。隙をみて逆に説教しちゃうね。

ちゅうか、その頃はもう記憶ない時間帯だから、どっちみち駄目ね。

でも最近は説教する相手も機会もなく、歌詞にぶつけてみたね。

巷に説教おやじ的歌は山ほどあれど、四才児による、説教おやじ的歌はないっしょ。

以前音骨が説教した、とある島の若者を念頭においてたんだけど、言葉を研ぎすましてる内に万人相手の説教ソングになったね。

説教のコツは、あんまり鋭い事を言わんことやね。
切れ味が良すぎると、切られた方も切られた事に気付かないし、言った方も「いやぁ~、おいら鋭いなぁ~」なんて悦に入っちゃってね。

ほどほどに鈍い刀でゴイイ~~ン!!ってやるのがいいね。「痛っ!!」って気付くね。

でも何故かメロディーは切ないバラードチックなのね。

ではどーぞ。
「説教おやじ」

何を思い 何を願い 何を忘れてしまったの?

言われたら逃げ続け 軽くあわせてきたんだろう?

だから 今もここで 耳を塞ぐのさ

そんな君がいつの日か 勝てるはずがないさ

いつまでも待ちぼうけて ただ腐っていくのを

気付かないまま 気付けないまま 朽ちてくだけ

足りないのは なんとなく楽しそうな出来事で

犬が餌を欲しがるように ついて回ってただけさ

なのに知ったふりで 今日は頷くのさ

明日になれば また誤摩化して 元の木阿弥さ

それは違うっていうなら 噛み付いてこいよ

へし折ってやる×2 から  

以上
2008.08.19 北港へ行こう
昨日はカヤックで東港から北港へ行きまスた。

海亀二匹遭遇。沢山の海底洞窟侵入。そして幻の湖へ。
maborosim
湖といっても、海底洞窟の天井無しバージョンってこと。
陸路で行くと、湖みたいに見えるから、幻の湖ってこと。

何もない北港に着いて 
ただ じっと海を見つめて
そこから幻の湖へ想いを馳せて帰ろう

「北港へ行こう」より

の、幻の湖ね。

そんでマイナーな浜に上陸。メジャー浜では取り尽くされた感のある貝殻が結構あって、持ち帰る。
higasikouk
これ、ただの海ね。狂ってるね。

波がうねってうねって、転覆しそうで楽しかったね。
ライフジャケット着てるからね。
怖いもの無ス。ダス。
でも翌日ちょい筋肉痛、ダス。
今日の入港で、また母島は賑やかになりそうダス。
2008.08.16 8/15LIVE!!
先日、お客さんで最近ギターを始めたばかりの大学生に、ギター教室を開く。

ギター教室つっても、音骨ソングを教えるしかできない音骨が、音骨ソングを知らない人に教えられる事等あるわけもなく、ただ酔っぱらって、ここに至る過程等を話しただけの模様。

ん?この前もそんな事があったか。


昨夜は8/15LIVE。
yl8


(左)プリンセス&(右)ダイチャンもお呼ばれして、ピアノ&ジャンベも何曲かは加わる事に。

音量バランスとチューニングがしっくりこなかったので、速攻ブッチギレル。

「バナナで遊ぼう」で二本弦が切れ、ギター弾くの止めてバコバコギターをぶっ叩いて、第一部終了。

「そこに乳房山」熱唱で、大きな拍手もらう。
その後は元気な感じで突っ走る。
最後「黒い太陽」でまた同じ弦が切れて、替えがないので終了。

やたらチューニングに時間かかって、曲数少ないのに一時間もやったかな。

ま、終わっちまえばどーだっていいけど、全体的にあんまし良くなかったね。
緊迫感がなくって、ゆる~いムード。
三人演奏曲に関しては、リハ不足。

のに、アルバムは5枚も売れちった。
歌を聴いている間、幸せだったとか、しかも「黒い太陽」が一番良かったなど、ナイス感想もあったね。

ま、次来た時はもっといいもん観れるでSHOW!!!
2008.08.13 8/12LIVE!!!
今年もやって来まスた、夏真っ盛り!!!

忙し!忙し!!忙しっス!!!っちゅー事Death!!!

ほんで、音骨宿ライブ予定は8/12、8/15の二本の予定。

ちゅう事で、昨日8/12は夏真っ盛りライブ第一弾!!

0812
こんな感じドス!!

こんな感じで、一時間も半強制的に音骨ライブを浴びるという苦行を強いられたわけDeathねっ!!

おいらはただ酒浴びて、恍惚として一時間宇宙を漂ってただけDeath!!

羽ばたく鳥のごとく、歌が溢れちゃって溢れちゃって、あれれれれ??気付いたら一時間ぐらい経っちゃってたみたいね。

夜はデッキでぶっ倒れて、この「ほっとけ 俺の人生だ」Tシャツ↑着てる方が、音骨が家路につくのを見守っててくれた模様。

そーいえば、去年も色々世話になってた模様。

ま、でも連日デッキでぶっ倒れていた去年よりは、多少マシでしょっ。多少。
2008.08.10 888LIVE!!!!
LIVE 888は、中央奥に音骨、ステージに向って左手前にプリンセス(ピアニカ)、右手前にダイチャン(ジャンベ)の作る三角形の中にお客さん達が入る事によって、サラウンド的音空間で宇宙へブッ飛べ的効果を狙ったのDeathが、そんなんフタ開けてみりゃ勝手に一人でブッ飛んでただけってなわけで。

お客さんは計11人程度。その中で島民は3人。あとは宿のお客さんのみ、だったわけで。
つまりは、島民率150人に一人だったわけで。。
つまりは、母島に於ける音骨支持率0.6666666%的予測がたつ、わ、け、か?

まっ、そんなんどーでもいいわけで。
星がピカピカ、波音ザワザワ、音骨狂風炸裂だったわけで。

08live

でも風が結構あってね。蝋燭の火が消えがちでね。そんでこんな暗い感じ↑

演奏曲数15曲中、新曲7曲。
演奏曲数15曲、内三人で演奏したの7曲。あとは一人で吠えてただけ。

第一部、「母島Death」であっけなく弦が切れ、死亡。
第二部、ボネーで踊ろう!!!とばかりに、新曲「バナナで遊ぼう」等、踊れる音骨ナンバー炸裂!!!

もち、誰も、踊ら、ズ。  

ラストは「アンナビーチブルーズ」
って言ったけど、やるの忘れてたキチガイ新曲「めくらの魚」で再び死亡。

しばし眠る。

プリンセスがバッハ風味のピアニカ鳴らしてる最中に復活。
アンコール受けてないけど勝手にアンコールを二曲。
「バカなのDeath」「母島が好き」で、本当の終了。

この日のライブを見たいが為に、すでに前回ライブを見たのに、延泊したお客さんもいたとか。

希少なプレミアサイン「888」が付いたアルバムは、現在地球上に二枚Death!!
一昨日、約一ヶ月ぶりに宿ライブりまスた。

なにやらいつにも増して、狂気溢れるライブだったそーDeath。

やっぱ酒だな。あと、溜まってたな。

終了後は大学青年達に、防空壕時代から、結婚、現在に至る過程を、意気揚々と喋りまくリンゴ!!

翌日は二月から制作中の画集「ピカソを塗りつぶせ」改題して「目ガ点」をお披露目。
見開き一枚として、計25枚のこの画集。未だ未完成ながら、中々の評判Death太。

しかし、いつになったら完成するのか、しないのか?未だ不明。。。

翌々日は、とあるお客さんに、一日中ケロケロリンゴが頭を回ってるとの苦情を受けまスた。

アルバムも購入されたので、内地に帰って仕事に復帰しても回り続ける事でSHOW!!

御愁傷様Death。

そ、し、て、8月8日ハハの日ライブ、お忘れなきよう!!!
2008.08.03 救いの光
夜になると、昇岸っちゅう防波堤で、何人かで飲んでる事が多いがな。

最近は、音骨夫妻とプリンセスっちゅう組み合わせが多かったかな。

そこに、新同僚が来るようになって、

う~ん、何か前もあったよーなシチュエーション。何かデジャブ。

と、思ってる内に、あれれ??

プリ 「僕たち付き合いました。」

だってさ。

そんなニューカップルに、できたてほやほやの新曲を捧げマッス!!

でわ、一曲どーぞ。

「救いの光」

暗き血の重みに たまらず咲く ハハジマノボタン

ウシガエルの死体で埋ったドブに咲くのを 見たい

この世の栄華は みな 草葉の陰

滅びゆくことが 救いの光

求めど幸せは 偽りの闇の光 その先に道はなく

ただそこで死んで 大地の芽となれ

閉ざされた時間が 今 再び 動き出す

限られた重みが 解き放たれ 消えてく世界で

想い描いた希望が みな 崩れ去っても

争いが絶えず みな 殺し合っても

呪えど病めど 不幸は 偽りの光の闇 その先に道はなく

ただそこで死んで 大地の糧となれ

囚われたふたりが 今 再び踊りだす

かざされた光が 引き剥がされ 輝く世界で