連日雨続きの風吹きすさぶ母島は、本日は晴天なり。

年中ギンネム花粉にやられ、鼻血を出しながら、連日作詞及び作曲作業を続けていたが、ようやくニューアルバム用の歌詞が全部仕上がった。

収録予定曲は15曲。

1 歌詞も半分以上変えて、よりパワーアップした、最強旅立ちソング、「旅立ちピエロ」

2 ハードコアを超えるスピード感で世相やスイカを一刀両断する、「スイカワリゲーム」

3 ハチャメチャにやれーーと、犬も走り回りそうな勢いの、「ハチャメチャブギウギ」

4 語り調で、静かに、だが目は据わったままに叱り上げる、「嘘つきな人たち」

5 壮大なる宇宙へと静かに落ちてゆく魂の再生を描く、「メビウスリング」

6 遠い夏の日をスローに歌い上げた、叙情性溢れる、「夏の少年」

7 ハマナスヤマは地元。コア秋田弁で、高速ブルージーに掻き毟る、「ハマナスヤマのお嬢ちゃん」

8 某業界に限らず、黒い犬はどこにでもいるだなぁ~暗黒東北魂が炸裂する、「黒い犬」

9 妻を殴って威張り散らす老残負け犬と、何も言い返さずじっと耐え続けながら、殺意を込めて復讐をし続けてる女の闇が炸裂する、極北暗黒ソング、「千の氷柱」

10 まともな奴なんか一人もいないにしても、もうちっとどうにかならんのかい!?と怒ってる、「人類みな病気」

11 無いものを怨み 無いものを作り 無い者に縋る 人間の業を描く寒風吹きすさぶ、「No9 Human」

12 孤独と哀愁を込めてアダルトに歌い上げるピアノ弾き語り、「孤独人形劇」

13 某サイトの歌ではなく、太陽系に匹敵する出会いの系があると歌い上げる、悲しみ華やぐ決定版出会いソング、「出会い系」

14 タオを題材に、壮大なスケールで自らの歩む道を歌い上げる、恐らくはアルバム最大のクライマックスとなるであろう「タオママ」

15 淡々とした日常から多くのことを学び、前向きにやっていこうぜ~と、3オクターブに渡って歌い上げるピアノ弾き語り、「ふたつの暮らし」


そ、し、て、10thアルバムタイトル(予定)は、、

ANGRY DOG   

あんぐりしないで。

何しろ怒ってる。静かに、時に凶暴に、時にあんぐりしながら。アルバムには犬がいっぱい登場するし、音骨は大別すれば犬顔系と思われるし、犬は骨が良く似合うというところか。

今回は弾き語り的な、音骨ライブに近いアルバムになることが予想されるので、新曲を練習して研ぎ澄ましていかねばならない。

調整がつき次第、レコーディングに突入する予定。

2010.11.19 乳房山再訪
ツアー後、島に帰ってからは、これまで書いた今作の歌詞を全て書き直していた。

現在収録予定の15曲中、13曲まで仕上がってきている。

最も難航していた大作のインスピレーションが昨日舞い降りてきて、ようやく満足いく仕上がりとなったので、体力回復とその祝いをかねて、自作弁当携えて久々に今日、乳房山に登ってきた。



絶景の頂上からショット 高所恐怖症には堪えます


おお、ちっこい集落だのぉ~ずいぶん遠くへ来た感があるな

途中、東屋で弁当食って、ジャスト2時間。3人とすれ違った。しかし、断崖絶壁の多い山やねぇ~。高いところ好きな人にはもってこいな山。

それにしてもこんなちっこい島にも色んな人が住んでるもんで、色々と面倒なトラブルがあったりと、人間社会はどこに行っても一緒やのぉ~、てなストレスの全てを創作意欲に変えて、より深いところに潜行中。

冬が深まるにつれて、更に表現も深く熟成してきとるようだ。ま、冬っつってもまだTシャツ一枚だけど。
昨夜は脇浜なぎさ公演で、今日の船で父島へ渡ったMOMOの、お別れライブが開かれた。

ここ3日間毎晩飲んでた、やあまんアミーゴMOMOは、ツアー前の音骨ライブでジャンベを叩いてくれた後、内地へ帰ってまたすぐに仕事で母島に戻ってきていたのだった。

夜風が気持ちいい脇浜のテーブルで、始めは数人ぐらいだったのだが、飲み始めて3時間ぐらいして、20人ぐらいの人たちが集まってきて、程よくフラフラな頃合に音骨ライブスタート!

勿論ジャンベぶら下げたMOMOは最初っから最後まで全開プレイ!そして最近BABYが生まれたばかりの島アミーゴせいちゃんも、初の音骨ライブ参戦!

生まれたてのBABYに最初に聴かせたい音骨ソングは?とリクエストを求めたら「そこに乳房山」でスタート!

明日みんな帰っちゃうもんなぁ~と、「御見送りの歌」

爆発しましょう遊びましょうと、「バナナで遊ぼう」

なんとなく懐かしの「it's a wonderfulBONINISLAND」

BABYNAMEを連呼するバージョンの「ケロケロリンゴ」

やあまんレゲエマンMOMOがいて、これやらなきゃ損でしょうと、「ガジュマル恐竜伝説」

はいはいまだまだ飛ばしまっせ、また来てね!と「RAINBOWRAINBOW」

リクエストされた?されてない?ま、いいや「光の歌」

南崎へ行くかぁ~と、空想歩行「南崎へ行こう」

最後はガツンと決めて欲しいとな?はい、ガツーーン!「賽も振らずただ独り歩め」等など。

プラネタリウムの如き星空の下で掠れボイスが炸裂!!もう声でまへ~ん。ギターもほとんど打楽器のように炸裂させ、ジャンベの二人も凄ぇ盛り上がり!!お客さんたちも一緒に歌ったり、叫んだり、踊り狂ってたりの、野外特有の自由感溢れる楽しい酔いどれライブとなった。
その模様は、MOMOと宿が一緒のプロカメラマンが全て撮影して、「こんなライブみたことないよ!!」と感激をしていたらしく、後ほどDVDに焼いてくれるそうなので、そのうちアップするかもです。

いよいよ、とーとーどさまわるツアーファイナルとなった、新宿2丁目スモーキンブギライブ!!
全体的に爽やかで温かい感じの中、独毒野郎音骨の本領発揮、ブラックホールライブをかました。
今回は母島ライブでお会いした方々が6人も駆けつけてくれた!

「めんどくさがり屋の犬」の辛辣な言葉には、思わず顔を背ける若者もいたという。
「夏の終わり」の第二章の歌詞は、がらっと変えて、殺伐とした青春の風景に取って代わった。
この文脈で聴く「南崎へ行こう」は、ただ綺麗な南国の島を歩いてる歌ではなく、ほとんど狂気に近い精神状態が表現されてることが際立って聴こえたかもしれない。ツアー中接着剤で補強し続けていた爪が遂にはがれ落ち、ライブの興奮の為か、獣のように歯で噛み切った爪を、その辺に吹き飛ばして、片付けるのを忘れてきてしまった。
そして魂の全てをまき散らした「僕らは地球だ」で終演した。

母島でお会いした方々、高円寺界隈の皆さん、ありがとうございました!また来年海を渡って来たり、母島で待ち伏せライブかましたりしますよっ!

これにて、全14本のとーとどさまわりツアー終了!!
日本各地に骨種をまき散らして来たという確かな実感と、ツアーでしか学べない多くの事を学んだ事で、更なる飛躍を遂げる事が出来たという実感を胸に、アルツー度が更に増したままに、母なる島からやってきた音骨は、再び母なる島へと帰ります。

ツアー中にお世話になった方々、新たに出会った皆さん、ありがとございました!また会いましょう!
本日はとーとーどさまわりツアーファイナルの新宿スモーキンブギ!!

11/4(thu)@新宿 スモーキンブギ
OPEN 19:30 START 20:00
ADV / DOOR 2,000yen(D別)

★江崎 掌
★サトウリュウスケ
★音骨
★青谷明日香
【¥2000ーD別】

音骨登場は20時半以降あたりの予定。

ヨロシクっす!
昨夜は二度目の秋田四階ライブ。音骨で~す!と現れたものの、店長の店長のダイジローさん、「前回と(見た目)全然違うじゃないすかーー!」と、当然のように言われる。

AKIRAさんが、秋保ライブの会場に忘れていってしまった音骨歌詞ファイルを、ただでさえ重いバックパックで運んで来てくれた。うう、すまないっす。。でも、AKIRAさんも秋保ライブ前日の仙台の打ち上げで歌詞ファイルを忘れてしまったようで、スタッフ全員泡食ってた模様。う~む。伝染アルツ?

そしてはじまった音骨オープニングアクト!「絶望がたりないのさ」「タコノキBABYダンス」「アルバトロスの夢」の後に、AKIRAさんのアンコールリクエストで「そこに乳房山」の4曲を歌い上げた。ここに来て、何故か声は復活!!突き抜けたか。

この日はドラム&カホンでAKIRAライブでジョイントしたジョニーさんに「ゾクっときたよ。凄ぇよかった。いつか音骨の後ろでドラム叩きたい。」と言われた。いぇい!クール&タイトなジョニーさんのドラムが入った「アルバトロスの夢」、想像しただけでワクワクするがな!
AKIRAさんも「いいねぇ!イカロス!」と流石、解ってらっしゃる!

素敵だった!ロック感電!更に凄くなってる等など、大好評の音骨アクトだった!

そして始まったAKIRAライブも、マジック全開!魂全開!ノリノリ全開で大盛り上がり。


ライブ中間で、皆で太鼓セッション。子供も歌いまくりんご。



本日のライブペインティングのミナミちゃん画の感想を求められて「炎のガラスが砕け散った向こうに現れたエメラルドの森(に飛び立つアルバトロス)」の、()の部分は、余りに俺俺世界全開な為、割愛したが。

AKIRAさん、ジョニーさん、ファミリーの方々、秋田の革命者の方々、ありがとうございましたっ!!

またいつか会いましょう!!!
1102akita右上音骨背後霊



さて、今回のツアーも残すところあと一回!!新宿2丁目スモーキンブギは11月4日!!
明日はAKIRAさんの秋田ライブで、ちょこっと前座出演の予定。

会場は、二年前に音骨バンドで出演したLive space 4階です。

11月2日(火)AKIRA with Johnny LIVE
OPEN : 18:30
LIVE : 19:00 – 21:00
チケット1500円(1ドリンク付)、高校生以下無料
会場:Live space 4階
秋田県秋田市大町3-2-1元サンケン北日本ビル4F
http://lifestyle-co.com/yonkai/index.html