昨夜は久々のスモーキンブギライブ!ていうかようやく「百骨参るツアー」vo2か、う~む先は長い。

風邪で枯れたのどを回復させるため、3日ほど歌うのを控えていたが、日頃人と話すより歌う時間の方が多い音骨には堪える試練だった。

のどは完全には復活しなかったが、ようやく本領発揮的ライブをぶちかませた。「今までみたなかで、間違いなくナンバーワンライブ」とも評された。まぁね、でもさらに凄くなってくけどね。

生声で超高音ディストーションボイスにいどむ「人間ていいな」



二度目でさらに入り込めた「ピカドンの朝に僕らがみたこと」



ほかにも「アルバトロスの夢」「御見送りの歌」「黒い犬」「バナナで遊ぼう」「みんな違う空の下」など、新旧おりまぜたナンバーで攻めた。

今回の響演者らは、清流のごとき歌を聴かせてくれた今回初めて会ったクロポチさん、涎だらだら垂らしてもイカすビートパンクロッカー佐伯憲陽氏、血の味のするブルーズで脳みそかきまわすloachさん。

花粉症ひどいな~、4年ぶりの内地の寒さはこたえるね~なんて思ってたら、風邪だった。

歌ってたら、背中からコンセント引っこ抜かれたように、力が出なくなり、喉がつぶれた。

なので、アルバム用の歌詞を徹底的に煮詰める作業をしていた。

そして内地で実際的なレコーディングを再開するために必須のmacbookをずっと探していたが、ある一時期のでないとソフトに対応してないため、なかなか手頃なのが見つからなかった。
でも昨夜ようやくオークションで落札できた!

これでようやく、どこででも録音作業ができる。参加予定のミュージシャンたちとも直接コラボできる。アイデアは頭の中で煮えくり返っている。鍛え上げてきた熱い演奏を生々しく封じ込め、ほんとにほんとの完成に向けて集中できる。

とりあえずツアーは後回し、ニューアルバム「Missing Link」を完成させることに全力を尽くそう。

寒空の下、足早に家路をたどる人々の中で、寒々しく弾き語って消化試合よろしくツアーするのも、もったいないので、家に引きこもってアルバム制作を続けていた。

日頃の修練のたまものか、「バナナで遊ぼう」という昔の歌が、ようやく意図していたように歌を乗せられるようになったのをきっかけに、ニューアルバムの楽しげな歌らのアレンジがようやく軌道に乗り出した。特に「ハマナスヤマは焼け野原」は、曲のアレンジがブルージーグランジーにかっちょよく進化したので、歌詞もより深く、容赦なく、ライブ感あふれる歌に生まれ変わった。悲劇的なのや悲壮的モードの歌を突き詰めきったせいか、吹っ切れモードにどんどん変化してゆきつつある。


次のライブ告知します。

3月28日(水)新宿スモーキンブギ http://s.freepe.com/std.cgi?id=smokinboogie&pn=02

open:19:00
start:20:00

ticket:2,000(ドリンク別)

音骨は4組中3番目の21:20出演予定です。

久々のスモーキンブギに加え、悲劇モードを突抜け、ぶっちぎりモードに突入しはじめた音骨ライブ、是非浴びにきて下さい!!

「百骨参るツアー」vo1、LIVE IN カールモール

新しいことづくしで攻め尽くしたのだったが、やはりライブ力はライブすることでしかパワーアップしていかないのだと実感した。まだまだこんなものじゃないぜ、だからこそ「百骨参る」をやる意義がある、と思った。
初めて人前で弾いたピアノは、最後まで弾けたからよしとしよう。度胸試しにおつきあいしていただいた方々、いつか素晴らしい演奏でお返しいたします。ありがとうございました!
ここから、さらなる飛躍をしていきます。

ライブ告知します。

2012年3月11日(日)@ 新宿カールモール  http://karlmohl.net/
17時半オープン
18時スタート

チケット料金:2000円(1ドリンク付き)

5組中、音骨出演予定時間は20:00~です。

当日は、ユーストリーム配信もするようなので、遠方の方や、来られない方も、バージョンアップ音骨ライブをチェックしてみて下さい。

URLはこちらです。
http://www.ustream.tv/channel/karlmohltest



父島ではオガ丸に宿泊した、初めてのホテルシップ体験だったが、がら空きでぬくぬくしてられたのもつかの間、翌日の航海では、個人的には今までで一番窮屈なオガ丸体験となった。未だ続く小笠原フィーバー現象、ていうか世界遺産効果。

そして寒空の内地にて、アルバムのレコーディングを再開し、こちらで完成させる予定です。

そして、母島でエネルギーを充填してきた勢いで、ツアーも同時進行します。

ツアーといっても、レコーディング中は都内を離れるわけにはいかないので、アルバム完成するまでは近所でやることになると思います。

ツアーといっても、思いつきなので、予定はほとんど真っ白です。今のところは。

そして、このツアーをアルバム完成などの願掛けにかけて、百度参りならぬ、「百骨参るツアー」と称します。ひゃくぼねまいる、です。

百回音骨が参り、ライブし、参っちゃうというツアーです。

場所はどこでもありで、ライブハウスでも路上でも人家でも、「とりあえず100回ライブするまでは母島に帰らん!!」っていう、レコーディング完成という目的からすれば、いわば遠回りであり、道草です。が、なんかそういう気分になってしまったわけなので、本能に従います。別に締め切りに追われてるわけでもないし。毎日やるとは宣言しません。とにかく百回やろうって企画。まぁ、宣言する必要はないのだけれど、手っ取り早く自分を追い込むために。ほとんどが苦手な路上ライブになると思うので。

初めて一人で路上ライブに立ったのは、2006年。「ケロケロリンゴ」という歌ができたからだった。でもその頃もその後もずっと、顔に墨を塗りたくったり、道化じみた格好や、絶叫、挑発、拒絶的パフォーマンスなどなくして、人前で歌うことは、今まで出来なかった。「わかってるよ、必要とされてないのは。」っていう、相手側の世界に片足突っ込んでたんだな。でも、今は「何かよくわからんが、歌いたい」っていう自己中な気持ちだけ。嫌になったらやめればいいじゃん的な、責任感のなさ加減が上回ってる。どうせ、てきとーな人生送ってきた、てきとーな奴なんだから、もっとてきとーにやれや、という声に導かれるままに。

なんとなく、ニューアルバムは季節のイメージでいうと、冬から春に向かってゆく感じなので、季節もシンクロして行く気がする。

今回内地へ来るきっかけになったカールモールさんから誘われた日が、偶然か必然か3.11という象徴的な日だったので、この日を皮切りに、なんかしらの願掛けツアー「百骨参るツアー」開始いたします!!

2012.03.04 内地に帰る
生まれ変わった「ハマナスヤマは焼け野原」。とかやってるうちに、もう内地に行く日が来てしまった。

小笠原は未だ季節外れのフィーバー状態で、オガ丸も混雑もよう。おまけに、出航日の明日は海上模様が悪いため母島丸は欠航のおそれありとのことで、前日の今日父島に行く予定。しかし、安宿は満室のため、今夜の寝床は確保できていない。ホテルシップがあればいいのだが、なきゃ野宿のおそれあり。まぁ、どうにかなるだろう。

そしてさっそくですが、昨年末ライブした新宿カールモールにて、3月11日(日)に今年初の内地音骨ライブを行います。

母島での強化一人合宿を経て、明らかにパワーアップ&シフトチェンジを果たした新境地の音骨ライブの詳細は後日!