ツアーの静岡で対バンだった(そして名古屋まで車で運んでいただいた)YOSSEYさんが那須高原の自作の自宅兼スタジオから下りてこられるということで、先日都内近郊で行われたライブに馳せ参じた。まさにイリュージョンともいうべき一人でループを即興的に重ねながらのライブスタイルながら「良い曲をしっかり演奏すれば必ず伝わるとの思いだけ」という言葉通りの素晴らしいライブだった。良い曲をしっかり演奏すれば必ず伝わるとの思いを持ってる人が、良い曲を何曲も歌えば、そりゃどんどん引き込めれてゆくのは当然というのを客として実感できたのも収穫だった。
あと、名古屋までの車中で音骨に会わせたいと言ってたストウタカシさんというミュージシャンと偶然出会えて意気投合できたのも嬉しかったな〜。あと対バンのブルースジョンさん、スライドギター凄すぎ。あと、ギューパンの客で埋まった会場、下町食堂春屋のぶっといチャーシュー乗っかったチャーハン美味すぎ。あー、でもこの名曲も聴きたかったすわ〜→YOSSEY「ZERO(We'll be back)」https://www.youtube.com/watch?v=ANs2HS5ZxR4

来年からは色んなやり方でライブをしていこうと最近アイデア噴出しまくりだが、まずは新年早々から新たな試みもぶっこんでいく予定なので、乞うご期待を!

1月6日(水)高円寺Reef http://www.kouenji-reef.com/index.php?FrontPage
open:19:00 start:19:30
前売り ¥1,300 当日1,500(+1drink¥500)前売り予約は音骨まで
★ happy hour 19:00~19:30(+¥1000 3drink ticket get!!!)
藤原 愛 / さちこ / トロ / 音骨

1月12日(火)下北沢 BREATH http://breath335.com/
open:18:30 start:19:00
charge: ¥2,000+1drink
共演:速見仁志 玉木宏典 音骨
音骨出演予定は1番手:19:00~19:40
2015.12.21 猫のイラスト
最近は新しいライブスタイル確立の準備に追われつつ、年末飲み会も重なりつつ、頭も体も肝臓も休む暇ないが、関西ツアー前に猫のイラストを頼まれて描いて、終わりのはずが止まらなくなって描き散らしてくうちに脱線していった猫画シリーズ。
オリジナルバッグになって販売される予定のが、一番の上のやつ。しっぽに密かに?OTOBONE印が入っているのさ。

猫と猫

毒づき

毛逆立つ

ダチュラ

エジプト猫2

のぞき

本ヘッドフォン

顔半分ダチュラ

四コママンガ
旅1
旅2

旅3

旅4
関西から東京には夜行バスで帰還予定だったんだけど、楽器持ち込みお断りの告知にどうなることやらと一抹の不安は拭えなかったが、予想通り荷物置き場で断られ、バスの中で抱えていても前列の人が「椅子を倒しにい」と苦情が来たら直ちに下りてもらうと脅され(どこに?)、本来ならギター用に席を買わなければいけないと脅されるのを「ハイ以後気をつけます」とバカの一つ覚え的リピートしてやりすごし、ギターの布団と化して、しかし疲れもあってかぐっすり眠れた。夜行バスは行きは(興奮で)眠れないが帰りは(安堵で)眠れるらしい。
帰った日の昼からは地元同期の忘年会にアコギ持参で参加、べろんべろんに酔いどれた後に店から駅までの道中を路上ライブしながら酔いどれ歩行、何歌ったかも覚えてないが、えらい盛り上がったんでよかったす。

ツアーを終えて、アコギ二号機もそろそろガタがきてて弾きにくいことこの上なかったんで、ギターリペアで評判のいい原宿の松下工房に相談したところ、たまたま今月キャンペーン中で、フレット交換を含む完全メンテナンスが激安だということで、早速二号機を預けて来た。あとライブ中のチューニング時間短縮の為、ペグも交換。これで変則チューニングの曲をライブに組み込めるようになる予定。
fg110
二号機が帰ってくるまで、しばらく初代の↑一号機にお世話になる。
12.2 京都 デューイ

京都二日目のツアーファイナルは一年ぶり3度目のデューイ。
前日重いキャリーを抱えて長い階段何度も上ったりしたからか、なんか朝からギックリ腰きそうな予感のまま京都を観光して回って、疲れた。
が、ライブには何の支障もなし、というか、体は軽かった。結局選曲的にはツアーを通じて大体似たような感じだったが、ライブ全体のイメージは初日に比べて大分変化してきた感がある。
マイナスの表現というか間を意識したライブを模索していく方向性に向かっても「相変わらず濃いぃすね」と言われるライブにたどり着いたと言えるかもしれない。
いつもはミュージシャンでもある店主の牧野さんやPAの谷川さんと感想や活動なんかについてゆっくり語れるんだけど、用事があって長居できなかったのは残念。

ツアー全体を振りかえると、結果としてどうこうというよりも、片足突っ込んでた領域に両足突っ込んだという手前の、もう片足が前の領域から抜け出る過程というようなツアーだった気がする。マイナスの表現というのはプラスし続けることによってなし得るという最近の持論の実戦編だった旅だったとも言えるかもしれない。何はともあれ、ここから何かを始める新たな出発点に立ったのは間違いない。
12.1 京都 Blue Eyes

オフの30日に梅田テアトルで鑑賞した映画「恋人たち」大傑作でした。でもこの映画、幸い前情報何も知らず観た後の感想としては、あらすじとかを一切知らないでみた方がいいっすね。上映時間も2時間20分と長めだけど、もっと長くてもよかったんじゃないかとすら思うほど終わって欲しくないと思いながら観てた。上映館が少ないのがたまにきずだけど。

京都はゲストハウス「閑話堂」に二泊、宿主のルカさんには車で送ってもらったり朝食サービスしてくれたり色んな話を聞かせて頂いたりと一年前に引き続きお世話になった。
京都Blue Eyesは初めてだが、マスターでミュージシャンの登山さんとは前回の関西ツアーでもお世話になってるので二度目、音楽活動について色々と参考になる話を聞けた。
ライブではこのツアーを通じての模索をひとつまた進めれることができたというか、ひとつまた見えないものに気づくことができた。共演のふたりは曲も演奏も方向性がジャジー的にレベル高く、終演後は色々と話せたが、共演の須藤タカツグさんがオリジナル料理を振る舞うという企画だったのに、うっかり話し込んでるうちに終電がきてしまい食べ損ねてしまったのは残念。