5.26 高円寺reefライブ

歌とギターだけじゃなく、毎回バンドが成長していくようにオケも成長してゆくコンセプトでやってるわけで、ニューエレキレパートリー2曲「永遠のふたり」「バナナで遊ぼう」を投入し、仮想ベーシストはシンセから生ベースに持ち替え、バスドラサウンドにこだわり始めた仮想ドラマーは全曲のバスドラを差し替え、仮想エンジニアはライブハウスに出かける直前までミキサーにへばりついてバランス調整し、仮想じゃなかった実体音骨は、足回りはやっぱ裸足が一番と、裸足ステージでエレキをかき鳴らして咆哮したのだった。新2曲が若干ユース(Wミーニング)な雰囲気を醸し出したかな。ま、出演者の中では年少組だし、よかろう。

対バンの方々は、円熟した弾き語りスト達が多く、巧いだけではなく旨味がじわりくる歌や演奏を堪能できた。トリの橋本英之(ガソリンユンボ)さんの、ぼそぼそ聴き取れないはずの言葉なのに耳に入ってくる吸引力凄かった。
美味いといえば、ライブハウスって以外に思うかもしれんが、食事が美味いハコが多いんだが、高円寺reefもめっちゃ美味いっす、何か何気ないツマミとかが、おっ!っていう感じに美味かった時って何か感動しますね。
ぜひ、次回は吞んで聴いてしゃべって食べに、来て下さい!

次回の高円寺Reefライブは、九州&中部ツアーのファイナルとなる、7月27日(水)スペシャルスリーマンライブ!!
対戦相手は、もはや説明の必要はございませんね!全国絶賛公演中の、皆さんご存知、YOSSEYさん!!
そして皆さん多分ご存知、20年前に直訳ロックでお茶の間で一世を風靡し、未だあの姿で全国連日公演中の、王様!!
なんちゅー組み合わせ!!
こいつはマジ見逃せないですぜ〜、詳細は後日!
GW後半初日には、Yoseeyさんの那須の山荘で開かれたミュージックパーティーに出席した。
ほぼミュージシャンで占められたパーティーは、酒飲みながらみんなでガンガンに音楽を奏でるという、都会だったら即苦情だが、さすがは音だし問題なすの那須高原、羨ましい限りの環境です、近隣苦情対策に神経すり減らしてる身としては。

そして宴もたけなわを迎えた頃に、Yoseeyさんがアコギで「冬の幻灯機」カバー!に、音骨がアコギでオブリガード、そんで次は音骨による「大いなる君へ」に、Yoseeyさんがアコギでオブリガード、の激レアテイクが披露された。
自分の歌のカバーを目の前で聴いたのって、そういや初めてだったが、Yoseeyさんの「冬の幻灯機」が聴けるとは思いもよらず、うれしいサプライズだったね。

最近はライブナンバーのレパートリー増やすべく健闘しつつ、ツアーの検討もしつつ、新たな構想も頭をよぎりつつ、奮闘し続ける日々だが、今月も再び高円寺reefのステージに立ちます!
初出演のイベントですが、お店の方々が毎回楽しみにしてるイベントだということで、期待大です!
ぜひ、進化真っ最中の新型音骨ライブ浴びに来てください!!ヨロシクです!!

5月26日(木) 高円寺reef http://www.kouenji-reef.com/
オープン/19:00  スタート/19:30
〈Happy Hour〉オープン~スタートまで、¥1000で3ドリンクチケット販売
チケット:前売1500円+ワンドリンク500円 当日1800円+ワンドリンク500円
(前売り予約:otobone_ticket@yahoo.co.jp )

出演:猪塚ユウキ 音骨 石井崇 Hocky&オーヤマ 橋本英之(ガソリンユンボ)
(音骨出演予定時間は 二番手 20:05~)