9/18道の駅しもつけYossey'sGardenShow vol3

天候が危ぶまれていたが、テントもあるし、何の心配もしてなかった。
前回は客席がビニールハウスみたいになってて入りにくいという反省をふまえて今回はとっぱらったってのが功を奏したか、開始早々の土砂降りの雨にも、一般のお客さんらで席は埋まっていた。

雨男雨女晴れ男晴れ女晴れオカマさんらが混じった出演陣の影響が、そのまんま天候を左右する神がかりライブが展開されてく中、今回初出演のアンダーソンさんの出番で、恐らくは雨の影響からかいきなりスピーカーから爆音ノイズが発生し、ドクターストップならぬ演奏ストップ指示にも不動の姿勢で何事もなかったかのようにライブ続行し続けるアンダーソンさんの周囲では緊急対策チームが慌ただしくもスピーディーに対応し、その後はエコーなしのモニター用スピーカーを客席に向けての臨時対応にならざるを得なかったわけだが、百戦の強者出演陣にそんな障害が問題になろうはずもなく、それぞれのやり方で対応しながらきっちり表現しきっていた。

自分はと言えば、ライブの二日前に滅多にないことだが喉を潰してしまった。風邪か花粉症か、一日養生して挑んで体調は万全だったが、リハの段階ですでに喉は完潰れ状態、ならばさらにぶっ潰しながら吠え続ける客寄せ絶叫パンダと化す気満々だったので、雨が吹き込もうがスピーカーが壊れようがアコギな絶叫パンダに何の影響があろうか?何もなかった。
吠え続けるパンダに足を止める一般客もいたという報告もあったので、パンダ計画はまずまず成功をおさめたといっていいだろう。

ygsvol3

前回の出演者も全員参加ということで、更にグレードアップした出演陣の演奏も堪能できたし、交流も深めることができて、実りある楽しい一日となった。
トリのYosseyさんのアンコールで出演陣も加わってのセッションがあったり、途中から(トラブル発生時から)急に司会進行役と化したスッタカさんの饒舌達者なMCぶりも相まって、フェス感も増したのは怪我の功名というべきか。しかし毎回スッタカさんにMC役までも任せるのは酷と思うが、適任であるのもまた事実、次回はどうなるんでShowか?

ygsl


何はともあれ、今回のYossey'sGardenShowが、前回から確実に進化を遂げたのは、Yosseyさんをはじめ皆さんそれぞれに前回の反省点をふまえて趣向を凝らした結果に違いなく、また更なる成長を果たして再会するのが楽しみだ。
出演者およびお客さんの皆さん、ありがとうございましたぁーー!!
Secret

TrackBackURL
→http://otobonehahajima.blog21.fc2.com/tb.php/878-f6e11ae9