FC2ブログ
11.8(水)中野 JETBAR  
戦後の名残を残した狭いバーで、音量的にはそうはだせないということだったが、まず問題なし。
トップバッターとして出演し、路上ライブの感覚で全身で全霊を吐き出した。最高でした。
続く高円寺の琵琶法師、尼理愛子さんは薩摩琵琶の弾き語り。伝統的な琵琶奏者ながら、現代人にもわかるようアレンジがされていた。言葉はわからずとも生の迫力は伝わる。
最後は企画者の遊鬼ウタゲさん。様々なサイケデリックエレキサウンドが気持ちいい。爆音で聴ける環境だったらもっと気持ちいいだろう。ウタゲさんは昔小説を全国出版したことがあるらしく、そんな経緯も聞けてよかった。自分の小説がどのような形で外にだせるかはまだわからないが、いつかは出せると確信している。長い目でお待ちを。
長編小説の他に短編一編もまとまり、一時停止していた絵画制作に戻った。新たな試みをしたことで、弾き語りも絵もさらに解放されたようだ。
Secret

TrackBackURL
→http://otobonehahajima.blog21.fc2.com/tb.php/918-bbf31771