FC2ブログ
昨夜は星ヶ丘UKに三度目の出演でした。かっちょええロックな雰囲気の店内には違和感なくドラえもん人形が群をなす。ご自身もツアーミュージシャンだったマスターのお店に集うのはロックエネルギーの渦巻くやつらばかり。
この日はトップから日本米英ペルーの多国籍バンドがパワフルに会場を沸点まで盛り上げ、続いてのロカビリーバンドの登場時にはすでに満員御礼の立ち見状態。そんな重戦車が通り過ぎたあとの喧騒も止まぬまま、一本の鍬じゃなかったアコギをポロポロと寂しげに爪弾く男ひとり。
冬の幻灯機の二番辺りでようやく会場が静かになり、そっから爆発、そんでピカドンでシーン、ラストは線香花火からアンナビーチの爆弾投下まで一気に一人で燃え上がり燃え尽きたが、何処かしらにはきちんと届いた感触もあった。
トリのロックユニットが再び会場を沸点に盛り上げひとつにし、熱い熱い名古屋の夜は更けていった。
帰りは以前UKで共演したコバさんの超かっけーミニクーパーで宿まで送って頂き、またの共演を約束した。
例えるなら、背負い投げしかできない奴は、延々と背負い投げを仕掛け続け精度を高めていくしかない。そんな確信がまたひとつ深まったライブとなった。
Secret

TrackBackURL
→http://otobonehahajima.blog21.fc2.com/tb.php/930-76c0ab38