FC2ブログ
尾道に早めに到着し、ゲストハウスにチェックインして間もなく、宿の方と立ち話をしていた通りがかりのおばさま方ふたりの前で、一曲歌いましょうかと祝婚歌を歌った。スローバージョンからアップテンポになるバージョンは初の試みだったが、おふたりとも感動で涙ぐんでおられた。一曲必殺は、流れと場のマジックで成立する。
ツアー中は全く観光していなかったが、早めにチェックインできたこともあり、名所の千光寺や、地元のアーティストやミュージシャンの方々とも交流できた。景観が素晴らしく、時間がゆったりと流れ、人と人との垣根が低い。ここに住みたくなった先人たちの心境が伺える。

初参上のオエコモバは旅のミュージシャンたちが多く演奏するお店。
マスターもママさんもめちゃ気さくな方々で、温かく迎えてくれた。
今回は投げ銭流し方式。来客があるたびに魂をこめて何曲か歌い、賞賛と投げ銭を頂いた。
対バンして頂いた尾道のミュージシャン高原ヨシヒロさんの歌も素晴らしかった。練り込まれ洗練された楽曲群の創作秘話や活動話を聞かせてもらい、たくさんの刺激を得た。
10曲ほど歌い、今夜は終了かと巨大ベーコンチーズバーガーを頬張っていると来客があり、最後の一曲「僕らは地球だ」を炸裂させ、終演。
歌ってしばらくは胃が活動再開しないので、主夫的知恵で持ち歩いているジップロックとタッパーで持ち帰って宿のデッキで美味しく頂いた。
また帰ってきたい場所がひとつ増えた。
Secret

TrackBackURL
→http://otobonehahajima.blog21.fc2.com/tb.php/932-158c2c54